葉酸摂取は妊活中から!?妊娠前から葉酸を摂る理由を管理栄養士が解説

こんにちは!管理栄養士の藤井です

妊娠前にやっておいた方が良いことはいくつかあります。

例えば

  • 禁煙
  • 禁酒
  • 健康的な体づくり(痩せすぎや肥満の改善)
  • 葉酸摂取

妊婦さんに葉酸が必要なことは知られていますが、葉酸は妊娠前から摂らないといけないということをご存じですか?

今回は妊娠前から葉酸を摂る理由についてお伝えします。

目次

どうして妊娠前から葉酸を摂らないといけないの?

妊娠前からの葉酸摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減させることが分かっています。
※予防ではないです!

神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害とは、脳や脊椎などの中枢神経系におこる先天異常です。中枢神経系の先天異常は妊娠7週未満に発症することが知られています。

葉酸は赤ちゃんの新しい細胞を作ることに大きく関わっています。

特に妊娠初期は赤ちゃんの神経や脳などの大部分が作られる時期なので、妊娠初期からたくさんの葉酸を蓄えておく必要があります。

しかし、栄養素は一度にたくさん摂ったからといってすぐに体に蓄えられるわけではなく、毎日摂ることで少しずつ体に蓄えられていくのです。そのため、妊娠1ヶ月以上前からの葉酸摂取が勧められています。

そもそも葉酸ってなに?

葉酸はビタミンB群の一つです。

葉酸はDNAやたんぱく質などの合成に関与していて、葉酸が不足すると貧血(巨赤芽球性貧血)や動脈硬化症にも繋がります。

ほうれん草などの緑葉野菜に含まれるのでこのような名前がついていますが、豆類や動物の肝臓(レバー)にも多く含まれています。

レバーは注意が必要!

レバーにも葉酸はたくさん含まれていますが、レバーにはビタミンAも非常に多く含まれています。妊娠初期にビタミンAを摂りすぎると赤ちゃんの奇形発生リスクが高まるので、日常的にレバーを大量摂取することは避けましょう。

どれくらい葉酸を摂ればいいの?

日本人の食事摂取基準2020によると1日に必要な葉酸量は以下のとおりとされています。

20歳以上女性240μg
妊婦240μg+240μg
授乳婦 240μg+100μg

妊婦さんは多くの葉酸が必要だということがわかりますね!

しかしこれだけではなく、このような記載もあります。

妊娠を計画している女性、妊娠の可能性がある女性及び妊娠初期の妊婦は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために、通常の食品以外の食品に含まれる葉酸を400μg/日摂取することが望まれる。

日本人の食事摂取基準2020

通常の食品以外の食品とは、サプリメントの事です。

つまり、妊娠を計画している方は食事からの葉酸摂取に加えてサプリメントから400μgを毎日摂取する必要があるのです。この量を食事から摂るのはかなり厳しいので、赤ちゃんの為にもサプリメントを有効活用していきましょう。

サプリメントもたくさん摂れば良いというわけではないので、目安量は守りましょう。

少しでもリスクを減らせるように早めの葉酸摂取を

いかがでしたか?

この記事を読んで少しでも多くの方に、妊娠前からの葉酸摂取の大切さを感じて頂けたら嬉しいです。

妊娠前からの葉酸摂取で赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減できるなら、しっかりと対策しておきたいですよね。葉酸は少しずつしか体に蓄えられないので、妊娠1ヶ月以上前から摂ることをお勧めします。

食事だけで必要な葉酸を摂ることは難しいので、サプリメントを上手に活用していきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
藤井智美
フリーランス管理栄養士
現在育児奮闘中のフリーランス管理栄養士(29)子供から大人まで皆を健康にできる管理栄養士を目指しています。
目次
閉じる